目指せ合格!ファイナンシャルプランナー試験(FP試験)

目指せ合格!ファイナンシャルプランナー試験(FP試験)

ファイナンシャルプランナー模擬テスト

TakaQ 〜 平成25年5月ファイナンシャルプランナー2級試験 Q1
Powered By TakaQ Ver.2.05

0問中0問正解 (正答率0.0%) 0分00秒経過



第1問 1379人中1047人正解 (正答率75.9%)

退職者および高齢者の公的医療保険制度に関する次の記述のうち 、最も不適切なものはどれか。

  1. 健康保険の被保険者である子に生計を維持されている者は、子と同居 していない場合、他の要件にかかわらず、その子の加入する健康保険の被扶養者になることはできない。
  2. 退職して健康保険の被保険者資格を喪失した者が、任意継続被保険者として健康保険に加入するためには、原則 として、資格喪失日から20日以内に申出をしなければならない。
  3. 日本国内に住所を有する75歳以上の者は、原則として、後期高齢者医療制度の被保険者となる。
  4. 国民健康保険の退職者医療制度の被保険者と国民健康保険の一般被保険者を比べた場合、保険給付の内容および一部負担金について差異はない。