目指せ合格!ファイナンシャルプランナー試験(FP試験)

目指せ合格!ファイナンシャルプランナー試験(FP試験)

ファイナンシャルプランナー模擬テスト

TakaQ 〜 平成24年9月ファイナンシャルプランナー2級試験 Q1
Powered By TakaQ Ver.2.05

0問中0問正解 (正答率0.0%) 0分00秒経過



第1問 1117人中838人正解 (正答率75.0%)

高齢者の公的医療・介護に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 75歳以上の者は、現役並み所得者の場合を除き、介護保険の保険料負担はない。
  2. 介護保険のサービスを受けた者は、原則として、費用(食費・居住費等を除く)の1割を負担する。
  3. 75歳以上の者が入院した場合における高額療養費の自己負担限度額は、その者の所得の金額にかかわらず、一律定額である。
  4. 70歳以上75歳未満の者が保険医療機関で療養の給付を受けた場合の一部負担金の割合は、現役並み所得者の場合を除き、3割である。