目指せ合格!ファイナンシャルプランナー試験(FP試験)

目指せ合格!ファイナンシャルプランナー試験(FP試験)

ファイナンシャルプランナー模擬テスト

TakaQ 〜 平成29年9月ファイナンシャルプランナー2級試験過去問題抜粋テスト Q1
Powered By TakaQ Ver.2.05

0問中0問正解 (正答率0.0%) 0分00秒経過



第1問 35人中20人正解 (正答率57.1%)

日本円・米ドル間の為替相場の変動要因に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 日本の物価が米国と比較して相対的に上昇し、過度なインフレが予想されるとき、一般に、円高傾向となる。
  2. 日本の経常収支が米国と比較して相対的に悪化することが予想されるとき、一般に、円安傾向となる。
  3. 米国の金利が上昇し日本との金利差の拡大が予想されるとき、一般に、円高傾向となる。
  4. 米国の景気が日本と比較して相対的に後退局面となることが予想されるとき、一般に、円安傾向となる。